整体マッサージでたるみを解消する

 

整体マッサージでたるみを解消する

体のたるみi以上に気になるのが顔のたるみです。
一生懸命たるみを引き上げようとマッサージをしている人が多いですが、筋肉を下げるとその反動でたるみが引き上げられるそうです。
顔の歪みが取れて、老廃物を流して顔を整えるそうです。
ほおや顎が引き締まり、むくみが取れって肌が明るくなるという効果があるようです。。

 

 

筋肉は弾力があって、下げると反動で引きやがるという性質があるようです。
顔の筋肉を鍛える意味でも、無理に引き上げるだけではなく、いちど大きく下げることが重要になるようです。
ケータイした古い血液やリンパ1等を下げて流すことで、新しい水分や血液が巡りで肌が活性化するようです。

 

 

 

顔の歪みで重要なのは、頭皮と首と歯や歯ぐきです。
頭とつながる頭皮と顔と体をつなぐ首に滞りや凝りがあると、たるみやむくみにつながります。
歯茎の血行を良くすると、口元のたるみが解消します。
顔には多種類の筋肉がありますが、整体マッサージを顔にすることでそれらを刺激していきます。

 

 

頭皮…顔と繋がっているため、頭皮に凝りや張りがあると、たるみやシワになりやすいです。

 

歯・歯ぐき… 歯の歪みや歯茎の血行不良は、ほうれい線や口元のしわや顎のたるみの原因になります。

 

首…首のコリはリンパと結果滞らせて、老廃物が流れにくくなって、むくみやくすみのもとになります

 

 

肩や首筋を触って難さをチェックします。
重要なのは首を緩めることです。
肩や首に凝りや滞りがあると、フェイスラインがもたついてたるんでくるのです。
左右どちらかの方が固くなっている場合もあります。

 

 

首は固く詰まっている側を中心に、優しくマッサージすることで左右の歪みを取り、老廃物のつまりを流します。

 

 

頭皮はツボ押しながら緩めて引き締めます。
ピーンと張って固くなっている頭皮は、凝っている証拠です。
ほっておけばシワやたるみにつながるので、全体的に緩めるようにします。
両手で頭皮を持ち上げるようにしてマッサージをします。
頭部に集中するツボを刺激すれば、効果的に凝りがほぐれて結構がアップします。

 

 

頭皮の凝りがほぐれたら、両手を軽く握って、リズミカルに頭皮を軽くたたきます。
頭皮の血行が良くなると、顔までぽかぽかと温かくなります。

 

 

顔の左右それぞれの面を、手のひらを使って圧力をかけながらしっかりと下げます。
老廃物が流れて、顔の筋肉が刺激されて引き上がることになります。
中指と薬指を耳の後ろに当てて、鎖骨に向けて擦るように流します。
鎖骨まで老廃物を優しく流し出すようにさすります。

 

 

このように首を緩めてリンパや血液の流れを良くして、頭皮をほぐして柔らかくします。
そして最後に顔の筋肉を下げていくのです。
顔が歪んでいる人は、頭皮が固くなっていることが多いようです。
頭皮を全体的に緩めましょう。
後頭部が固まっていると、頭皮が伸びてたるみやシワのもとになります。

 

 

頭皮をゆるめたら顔を下げるマッサージをします。
口を少し緩めてリラックスして、手で圧をかけながら下げていきます。
中途半端に下げると筋肉上の刺激が弱くて、老廃物を促す効果が半減してしまうので、しっかりと圧力を加えて鎖骨まで老廃物を流し出します。

シスレーの癖が笑顔を作る

顔のたるみやシワに悩む人はたくさんいますが、もう年だからと諦める必要はありません。
たるみは筋肉の衰えも要因ですが、顔が歪むことで生み出されるたるみやむくみ、不自然なシワこそ老け顔の原因となります。
年齢とともに自然に入ったシワは品格のある顔になりますが、不自然なシワは老けた印象を大きくします。
歪みを治して、不健康なたるみや不自然なシワを解消させます。

 

 

顔のゆがみやコリは、実は生活習慣に影響されています。
頬杖や椅子に座っているときに足を組んでいたり、寝ている姿勢も歪みを進行させるようです。
顔だけではなくて、生活習慣も見直す必要がありそうです。

 

 

もし足を組んでしまったら、逆のサイドにも組み直すことで左右さを解消します。
理想的な寝姿勢は仰向けで、うつぶせで寝るのは気をつけましょう。
横向きに寝ている人は、上の足が下の足より前に出ているので、骨盤のゆがみにつながりやすいです。

 

 

一生懸命へ引き上げていたたるみですが、思い切ってえ下げてみるとその効果を実感することができるのです。
かおが引き締まって、化粧ののりが良くなるので、毎朝の習慣にしたいですね。
力を入れなくてもできる方法なので楽に続けられます。

目元用クレンジングのアイシャンプー

毎日アイメイクは欠かせませんがクレンジングは目に洗顔料を入れないように控えめに洗いますよね。
ときにはメイクの残りが目の中に入ってしまったまま寝ていることもあります。
朝目が開きにくかったり、目がゴロゴロしたりする。
充血していたりしても、またアイメイクをすれば、目も目元も痛んでしまいますね。

 

 

アイメイクが目に入って問題を起こしたり、目の周囲にある脂腺を詰まらせている女性がとても多いです。
クレンジングが目にしみたり、油性のものだと目にオイルが入って不快です。
しっかりと目元を清潔に保てる、目の健康を考えた目元用シャンプーを利用するのがいいですね。
低刺激なので、しっかりと清潔に洗うことができます。
目と目元にやさしい保湿成分のヒアルロン酸をプラスして、しみなくて優しい使い心地です。
アイシャンプーは、涙と同じ浸透圧で、涙と同等の昔アルカリ性なので、低刺激で安心です。7